エッセンシャルワーカー

一ノ瀬です。

最近、エッセンシャルワーカーという言葉を聞く機会が多くなりました。

エッセンシャル(essential)という言葉は「必要不可欠」「必須」という意味をもっていて、そのエッセンシャルという言葉に「労働者」の意味をもつワーカー(worker)を組み合わせた言葉が「エッセンシャルワーカー」つまり人が日常生活をおくる上で必要不可欠な職業に就いている人のことを言います。

新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が出されせる中、人が生活するうえで必要不可欠なライフラインを維持する仕事の従事者で、感染リスクと戦いながら働き続ける人々への感謝と敬意をこめて、こう呼ばれるようになったそうです。

具体的には、以下のような職種があります。
・医療福祉関係(例:医師、看護師、薬剤師、介護士)
・保安関係(例:警察官、消防士)
・運輸交通関係(例:公共交通機関の職員、配送ドライバー)
・小売、販売業(例:スーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンド等の店員)
・教育、保育関係(例:教師、保育士)
・公共インフラ関係(例:電気、水道、ガス、電話)
・その他、金融、郵便、清掃業務、一次産業従事者など

当社は物流企業であり、まさにライフラインを支える仕事として活動しています。

まさに “エッセンシャルワーカー”

テレワークに対応した業務とはいかないのが辛いところですが、働く社一人ひとりが安全に活動できるようサポートしていこうと思います。

力を合わせてこの困難を乗り越えていきましょう。